悪性リンパ腫と戦う会掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 5169
タイトル 末梢性T細胞型リンパ腫の父
投稿日 : 2015/11/02(Mon) 21:34:02
投稿者 Aji
参照先
父66歳、4月に鼻部分に腫瘍ができ、生検の結果末梢性t細胞型リンパ腫との診断を受けました。6クール、chopをしましたが、最終クールごろから体調が悪くなり、全クール終了後の検査あたりから体調が激変、入院し再度生検、結果を待たずにデビック療法に入りました。
ペット検査の結果、chopで腫瘍はなくなったものの、最初に腫瘍ができていた部分以外の部分に新たに腫瘍ができており、進行度が極めて早く難治性だとのこと。
恐らく化学療法での完治は見込めず、効果があってもすぐに再発するだろうとのことでした。このまま化学療法をした場合、一年もつかどうか。
完治は骨髄移植しか可能性がなさそうだが、父の年齢と状況を考えると5、6割の確率で骨髄移植をすると命を落とすと言われました。
事実上の余命宣告です。

本当に化学療法での寛解の道はないのか、診断を受けてまだ数ヶ月でのこの通告に落胆しています。地元では有名な大学病院ですが、chopの結果だけで化学療法での完治は見込めないと言われたことにつきセカンドオピニオンを考えた方がよいのか、何かご意見や、アドバイスがあれば、どうぞお願いいたします。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -