悪性リンパ腫と戦う会掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 5181
タイトル 脳浸潤】末梢性T細胞型リンパ腫
投稿日 : 2015/11/10(Tue) 05:47:45
投稿者 Aji
参照先
Coo様、お返事ありがとうございました。
セカンドオピニオンについて家族の理解も得られ、本人に伝えていた矢先、意識朦朧としている様子があり、おかしいな、と思っていたところ、医師より、脳に白色のもやや、腫瘍のようなものが見られると、言われました。
リンパ腫の浸潤か、感染症によるものと言われましたが、髄液に細胞が見られるので検査をするとのことでリンパ腫が出ているものと考えている様子でした。

今後の治療は大学病院には不得手な領域になるとのことで、機会を見て関連病院への転院をすすめられ、認知症状が出ている以上、強い治療を続けすに緩和ケアを検討しても良いのでは、とのこと。
脳に効く抗がん剤は副作用が強く、放射線治療は将来ほぼ認知症になると、どちらも今の父にはつらい宣告になり、さすがに先生も厳しいことは家族のみの話になりました。

セカンドオピニオンでも、父が回復し、少しでも寛解状態で生活することは無理と言われると、思ってしまっていますが、やはり検討した方が良いでしょうか。
どんなことでも、アドバイスいただけたら、本当に嬉しいです。

積極的治療を諦めて父らしく過ごしてほしい、生活治療をして少しでも長生きしてほしい、どちらも家族のエゴのような気がします。揺れています。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -